無線式防犯カメラ「ナイトウォッチャーPRO」
株式会社岩田エレクトリック HOME > ナイトウォッチャーPRO

年々増え続けるストーカーやDV

警察庁発表 H28年 全国のストーカー事案検挙件数は2,605件(前年比+190件)、DV事案検挙件数 8,387件(前年比+381件)と増加傾向にあります。
このような事情を背景に2018年1月現在、ナイトウォッチャーシリーズの東日本各県警への納入実績が300台を超えました(入札以外の案件も含みます)
実績の詳しい内容はこちら

基本システムはカメラ1台+モニター1台

ナイトウォッチャーPROは無線式なので、カメラとモニター間の配線は不要。
電波の到達距離は水平見通し(周囲に何もない場所で測定した場合)で約200mです。
※システムを設置する建物に使用されている建材や、建物の構造によっては、この距離が短くなる場合があります。

ナイトウォッチャーPROセットA
型番:NW-PRO-A
ナイトウォッチャーPROセットB
型番:NW-PRO-B
無線式赤外線カメラ1台と
7インチカラーLCDモニター1台のセット
ビデオカメラ付きセンサーライト1台と
7インチカラーLCDモニター1台のセット

使用目的に合わせて選べる増設用カメラ

無線式赤外線カメラ
型番:NWPC-1100
ビデオカメラ付きセンサーライト
型番:AEC-9336C-PRO
夜間は赤外線(IR)を照射して撮影。
監視重視の目的に。
昼夜を問わず、人を検知した方向にカメラが回転。
夜間はハロゲンライトを点灯させて回転するので、
威嚇効果抜群です。
※カメラが首を振っている動画はイメージです

SDレコーダー内蔵7インチカラーLCDモニター

最大4台までのカメラを登録して映像を見ることができます。
SDレコーダーを内蔵しているので、録画をする事も可能。

※複数台のカメラ映像を同時に録画する事はできません。
※カメラを複数台設置している場合、最初に人感センサーが反応したカメラの映像を録画します。

使用例

使用目的が監視重視の場合
使用目的が威嚇重視の場合
※無線式赤外線カメラとビデオカメラ付きセンサーライトを混在させる事も可能。
カメラによる監視のみを行う場合には無線式IRカメラ NWPC-1100を利用。
無線式IRカメラで隠れた位置から侵入者を撮影することが出来ます。
夜間は赤外線LEDを照射。暗闇でも侵入者を捉えます。
カメラに搭載した人感センサーが侵入者を捉えると映像の記録と音声の記録を行います。
防犯を重視するが、監視も行いたい。
追尾機能を持ったビデオカメラ付センサーライトの増設で防犯重視のシステムを構築。侵入者を威嚇し、撮影。